宅配だから手間いらず|腎臓病食も美味しさを追求したい

老夫婦

腎臓に良い食事

医者

制限する食品

腎臓病とは腎臓の働きが弱くなった状態のことです。腎臓病の症状には、タンパク尿やむくみなどがありますが気づかない方も多いです。そのまま放置しているとさらに悪化して、透析になってしまうこともあるので注意が必要です。腎臓病と診断されたら、まずは腎臓病食の食事内容を知りましょう。腎臓病の食事の基本はタンパク質の制限、十分なカロリー摂取、塩分制限です。タンパク質は腎臓に負担がかかるため制限します。しかし、肉や魚などのタンパク質を減らすと食事が寂しくなりがちです。野菜と一緒に調理をしたり、カレーライスになどにするとタンパク質が少なくてもあまり分かりません。制限があっても楽しく食べられるような食事を目指して工夫していきましょう。

カロリーを維持するために

タンパク質を制限すると、全体のカロリーも減ります。しかし、腎臓病の場合はカロリーをきちんと取らなければなりません。カロリーが少なくなると体の中のタンパク質が分解されて毒素が発生します。そうなると、食事でタンパク質を摂り過ぎた時と同じように腎臓に負担がかかります。ご飯の量を増やしたり揚げ物や炒め物など油を使った調理法でカロリーを上げるとよいでしょう。塩分制限はむくみや高血圧などの合併症の予防のために行います。だしを利かせたり、香辛料を使うことで塩分が少なめでもおいしい食事が作れます。始めは物足りないと感じますが、慣れてくる方が多いです。塩分控えめの食事は、その他の生活習慣病の予防にもつながりますので続けていきましょう。